高知城西館の観光コンシェルジュ日誌

高知の老舗旅館「城西館」の観光コンシェルジュより高知の魅力的な観光情報やコンシェルジュの日常を発信!とにかく高知が大好き!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

両手 de ばいばぁ~ぃ~\(^^)/~

日も朝からデスクでおっ仕事おっ仕事

お隣のおがくんにブツブツ文句を言いながらデスク ワークをしておりました

おがくんは、ワタシが言うママに 『うんうん』 と言いながら、
ワタシのブツブツ文句に付きあってくれる心優しい仲間です

朝の出来事です

中抜シフト(フロントは朝8時~朝10時 / 夕方16時~夜22時の勤務)で、
10時に一度仕事を終えて帰るいっせいクンが事務所に入って来て、

『女将のダブル バイバイすごいわぁ~』 と言うではないですか
ダブル バイバイとは・・・ 女将さんは両手で手を振りながら、
駐車場のスペースを端から端まで走ってお見送りをするコト(^^*)

『今やったらWバイバイが見れるでぇ』 と言われたので、、、
カメラ片手に走って駐車場に行ってみると。。。 
Wバイバイ de お見送り真っ最中の女将さんを発見

お客様が左右ご出発されるので、
右を見てバイバイ(^▽^*) 左を見てバイバイ(*^▽^) 
走ってバイバイ

P1080979.jpg

女将さんはお客様を追っかけて行って手を振ります
手を振りながら、信号で止まれば手を下ろし、
お客様が見えなくなるまで手を振って・・・  最後は、ありがとうのお礼をしてお見送り終了♪

P1080983_20111109170221.jpg  P1080982_20111109170221.jpg  P1080986_20111109170216.jpg

当館の客室係りもフロントスタッフも女将さんのこう言う姿を毎日、見ています
なので、誰から言われた訳でもなく、
自然と女将さんのようにお客様が見えなくなるまで手を振り
見えなくなったら最後に礼をしてお見送りを終えます。。。 

毎日の女将さんのお見送りが、
今でも当館のスタッフに引き継がれて行っております

お見送りの後、女将さんが、、、

『コーシーでも飲まんかね? 

  あたしゃぁ、お見送りの後、コーシー飲むがが日課やき』
と。。。

ホンマに元気な女将さんです

当館にご宿泊を頂いて、
『あいあい』 言いながら近寄って来て色々な話をしてくれて、
翌朝、駐車場で両手を広げて、手を振っているおばあちゃんを見つけたら、、、
それは、間違いなく当館の 大女将 です

初対面でも、今、会ったばかりでも、、、
前から知っているかの様にお話をするのが当館の大女将です



いつも見て頂いてサンキュー ベリー マッチョ まっちょ   
  人気ブログランキングへ
  こちらをぴこっとぉ~ 
          (^^) 押しちゃってぇ   
    でばでば・・・  see you

みんなが行きたくなっちゃうような・・・
楽しい体験満載のオプションはコチラをご覧下さいまっしぃ~

高知の旅が10倍楽しくなる
城西館「とさ恋ツアー」オリジナルプログラム


11月中旬からが見ごろの竹林寺の紅葉
大人気竹林寺 僧侶と巡るパワースポットと写経体験が宿泊プランになっちゃいました
しかも、城西館のお弁当付プランです 詳細は下記を見てちょうらいませ



≪高知三名園の1つとされる「竹林寺」で写経体験と行楽弁当宿泊パック付プラン≫











スポンサーサイト

| 城西館 社員 | 17:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本当です。
もう伺い始めて何十年ですが電車だろうが歩いたであろうがもう良いよと言う位遠く迄立っておられる姿に何時も感激しています。
 話題にして頂き感謝しています。

| 王子の狸 | 2011/11/09 20:09 | URL |

女将さんは、見えなくなるまで手をふり続けます。
その姿に、みなさん感動されていらっしゃるようです。

| 王子の狸さま | 2011/11/10 18:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jyoseikan.blog21.fc2.com/tb.php/921-d9864e3b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。